「援交ブーム」とは

以前はこの援助交際は、ポケベルの登場と並行して人気も上がり、都会などで女子高生達の間で盛大に行われていたのです。
その時は「バイト感覚」みたい感じでこの援助交際がされていました。それは1994年〜2000年の頃になってきます。
その頃はポケベルを使用しての援助交際でしたが、携帯電話出てきた事で、現在では「ホ別3万円でお願いします」等の書き込みを、出会い系サイトの掲示板にして援助交際の相手を見付ける方式に変わっていったのです。

またこの携帯電話の登場と一緒に、援助交際での「被害」も出てくる様になりました。
それが携帯電話を使用した「脅迫」になります。
携帯電話が出て来た事によって、援助交際をした女性達の裸の写真を撮影して、それを元に脅迫する様な事件が多くなってきたのです。
とても信じられませんが、現在のこの様な「脅迫めいた援助交際」の中には、学校の先生までが逮捕される事もあるのです。

この援助交際のブームは徐々に下火になりましたが、今でもまだ闇サイトなどを中心に盛大に行われている様です。
またそれが原因で妊娠する女性達、暴行される女性達、そしてストーカーの被害に遭う方、はたまた殺人事件に巻き込まれる様な方達もいる様です。
この援助交際の人気が落ちたと言っても、まだまだ援助交際を行っている様な女性達は多いのです。
このとても恐ろしい事実を把握していない女性達もまだいる様です。

援助交際をリアルに再現をした作品

援助交際をテーマにしている作品は色々ありますが、その中で代表的なのは、「リリイ・シュシュのすべて」と「DEEP LOVE」ではないでしょうか?
どちらの作品も、当時の社会問題を実写化にした作品となっており、多くの人が見たのではないでしょうか?
まずDEEP LOVEという作品は、若い人たちから人気の携帯小説の基礎になった作品となっており、今でも若い人たちを中心に人気となっています。

そして、リリイ・シュシュの全ては、援助交際というよりも、援助交際をしている少女にスポットを当てており、援助交際少女の心の内やその問題などを細部まで再現をしています。
リリイ・シュシュを見て、援助交際をしている少女の立場や、その援助交際を取り巻いている問題がどのようなものなのかがイメージできた人も多いのではないでしょうか?
そして、同じような問題や悩みを持っているその少女と同じ年代の人に大きな影響を与えることになった作品でもあります。

どちらの作品も援助交際を題材にしているのですが、この二つの作品が比較されるということはめったにありません。
同じことをテーマにしていても当てているスポットが全然違っているからなのでしょう。
リリイ・シュシュのすべてでは、援助交際を現在進行形でしている少女の心境などにスポットを当てていて、DEEP LOVEでは援助交際をした経験を持つ少女が公開をしているところにスポットを当てているからなのでしょう。

コメントは受け付けていません。

メロン on 3月 24th 2014

Comments are closed.